私が利用するドラッグストアと3つの選ぶ基準

私は、現在30歳サラリーマン男性です。五年ほど前に結婚し、子供2人と生活しています。独身時代はドラッグストアにほとんど行く機会はありませんでしたが、家族が増えてからドラッグストアに月2回は行くようになりました。私の住んでいる地域にはドラッグストアがたくさんありますが、利用するのは基本的にはいつも同じお店です。なぜ、そこを利用するのかをご紹介します。

私がドラッグストアを選ぶ基準は大きく3つあります。まず、1つ目は品揃えです。息子はまだオムツがとれていない為、定期的にオムツやお尻拭きが必要になります。

その為、月1回はオムツを買いにドラッグストアに行くのですが、せっかく行くなら他の買い物も済ませたい気持ちが強く、洗剤やティッシュといった日用品の品揃えが多い所を選んでいます。最近では、お米やインスタント食品といった食料品もドラッグストアで購入する場合が増えてきたので、幅広い商品の品揃えが多いかで選ぶようになりました。

ドラッグストアを選ぶポイントの2つ目の基準はポイントです。最近では、ドラッグストアで買い物をするとポイントがつくお店が増えてきました。ただ、ポイントがつくだけでは当たり前になってきたので、その還元率やポイント特典などを比較して決めます。

大きく分けて、貯まったポイントに応じて景品と交換できるパターンと、ポイントに応じた商品券と引き換えになるパターンの2パターンに分けられますが、私は商品券で貰える方が好きなので、ポイントを商品券に交換できるお店を選びます。

さらに、日曜日にポイントが2倍になったり、子供を連れて行くと子供のスタンプカードを貰えて、スタンプが集まるとガチャガチャを無料で回せたりと、ポイントサービスの付加価値が多いところも選ぶポイントにはなります。

そして、ドラッグストアを選ぶポイントの3つ目は、会員サービスです。前述したポイントサービスともつながるところもありますが、会員になることでお得な情報やサービスを受けることができる場合があります。私が現在利用しているドラッグストアは、定期的に割引券がひとまとまりになった冊子を貰えます。その為、チラシの割引商品以外でもお買い得に購入できる商品が増えるといったメリットがあります。

このように、店舗数が増えてきたドラッグストアを選ぶには色々な視点で見て総合的に判断することが大切だと思います。小さなことも、毎月の積み重ねで大きな違いになるので比較してみる必要があると思います。

薬局やドラッグストアをもっと賢く利用できたら

もともと薬局やドラッグストア巡りが大好きで…今でも週に2、3回は利用しています。最近は食料品だったり、生活雑貨だったり…いろいろ置いてあるんですよね。薬局は薬局で薬局でしか買えないスキンケアが売られていたり。チェックするのが楽しみで、頻繁に通ってしまうんです。

とはいえ、子どもの頃は…薬局やドラッグストアで薬を買うよりも病院へ行く回数のほうが多かった気がします。病院よりドラッグストアを利用するようになったのは、大人になってからですね。

種類がたくさんあり過ぎてわからない!なんて時には薬剤師さんの話も聞きます。ただ、聞いてしまうとそれを買わなきゃいけないような気持ちになるので。聞く時はおすすめされたものを買う覚悟で聞くことが多いですね。

なので、頭痛薬とか鼻炎薬とか買いたいもの、銘柄が決まっているものに関しては、薬剤師さんに話しかけないようにしていますし、話しかけられても「いいです」なんて言ってしまっています。

本当は説明とか聞いたほうがいいのかな?なんて思うこともありますが…小心者なので、話を聞いてしまったらおすすめを断れそうにないので、実行できてはいません。

病院に行かずにドラッグストアや薬局で済ませるようになった理由は、「そのほうが簡単だから」。病院へ行くと他の病気をもらってしまうこともありますからね。自分の場合はそんな感じです。

とはいえ、あまりにも高熱な時はさすがに病院へ行きます。40度になった時はさすがに病院に行きました。結局は程度によりけり、なんですね。

ただ、最近3歳になった息子に関しては、基本市販薬を飲ませるよりも、病院へ行きます。お金があまりかからないから、とかそういう理由ではなく、自分の身体ではないから、怖いから、という理由が大きいですね。

もし市販の薬を飲んで具合が悪くなってしまっても、まだうまく大人に伝えることはできないだろうし。初めての子どもだし不安が大きいので、まだしばらくはそんな感じが続くのではないかと思います。

小学生になったら多分市販薬も飲ませますが。とりあえずもう少し後の話になりそうですね。

今後、かかりつけ医みたいな感じの…なじみのドラッグストアや薬局を作って、なんでもアドバイスしてもらえるような、薬剤師さんと出会いたいですね。自分の症状も、家族の症状もわかってもらえるような。

ケースバイケース、で病院も薬局もドラッグストアも、上手に利用したいと思っています。それが一番賢いと思うから。

薬局・薬店に関する疑問や思うこと

私は、病院に行った際に薬局に行き、処方箋に記載された薬を処方してもらいに行くことが多いです。最近では、子供が風邪をひいて病院に行くことも多いです。

なので、親子で病院に行かなければならないことも珍しくはありません。しかし、最近では、疑問に思うことが多いです。

それは、やっぱり薬局の待ち時間です。空いているときはとても空いていることが多いのですが、混んでいるときは本当に混んでいるので、薬の待ち時間だけで、1時間近く待たなければいけないこともあります。割と大きな薬局に多いのですが、子供の薬をもらうのだけでも、かなりの時間を要することがあるのです。

薬をもらいに行った場合に、あまりにも待ち時間が長いとやはり疲れてしまいます。それに待ち時間の間にも、咳をしている人がいれば、ウイルスなどをうつされてしまいそうなので、これはなんとかしてほしいですし、待ち時間が長くなりそうならば、隔離室などの設備を充実させてほしいなと思います。

病院とは違い、こういった設備が不十分の薬局も多いので、その辺りを何とかしてほしいなと思ってしまいます。
また、この前は、薬局に行く際に、病院の裏にあるのですが、徒歩で行く必要があり、それを面倒に思ってしまいました。もしも院内処方であれば、受付で会計の際に薬も同時に受け取ることができるので、スムーズに帰宅をすることができます。

しかし、薬局で処方してもらうためには、薬局まで行かなければならないですし、また会計をしなければなりません。これは、手間ですし、もしも混んでいる場合には、2倍も待ち時間が増えることになります。徒歩でいかなければならないのも、体の調子が悪いときには、とても大変なので、これは嫌だな、と思ってしまいます。

また、薬をもらいに行った場合には、その薬代が高くなることが多いので、これも何とかしてほしいなと思ってしまいます。院内処方であれば、負担は少なめに済むのですが、薬局に処方してもらうことで、新たに処方の料金などの負担が増えますので、それだけ料金がアップします。
このため、薬局で処方をしてもらうのは、高いのでちょっと嫌だなと思ってしまうことが多いです。

最近では、薬の料金が高くなってしまうので、ジェネリックの薬に変えてもらうことが多いのですが、それでも負担が大きくなっています。なので、薬局で処方してもらうか、病院で処方してもらうかで自分で選ぶことができたらいいのになと思いました。