薬局やドラッグストアについて思うこと

持病を持っている私にとって、薬局やドラッグストアという存在は生活するのに必要不可欠な存在です。

働いているスタッフについての体験談

近所にある薬局のスタッフさん(薬剤師の方)はいつも丁寧に対応してくれます。病院での診察後、薬局で処方箋を提出するとすぐさま必要な薬を選び出してくれますし、レジにて、薬の効能、副作用、正しい飲み方や飲み合わせの悪いものなどをしっかりと確認と説明をしてくれます。

以前、日常的に通院している病院でお薬を処方してもらったのですが、薬局に着き、スタッフさんにお薬を処方していただいた際に「あれ?、薬が足りない」という事に気づきました。

慌ててスタッフさんに問い合わせたところ、なんとすぐさま病院の方に電話を掛けていただだいて、確認を取っていただきました。

そして、主治医の方の記入ミスということがわかり、正しい種類と量の薬を処方していただくことが出来ました。このような迅速な対応にいつも感謝しています。

もっと◯◯だったら良いのに

薬局についていくつか改善してほしい点や要望があります。ひとつは対応の違いです。小型の薬局だと対応が非常に丁寧なのですが、大きめのドラッグストアだと、対応が悪く感じます。

アルバイトの方やパートの方が対応される際、薬の効能をよく理解していなかったり、症状に対してオススメの薬を提示できなかったりすることもあります。

また、「担当の方に変わりますので…」というのが何回も続ようないわゆるたらい回しのような事も何度か経験した事があり、時間を無駄に使っこともありました。

こういった事が少なくなるよう、アルバイトやパートの方にもう少し専門の担当分野を設けるなどして欲しいと思います。

ドラッグストアは薬の種類が多すぎるという点も不満です。同じ効能なのに値段やメーカーが違うものが複数あって選ぶのに時間がかかってしまう点を不満のひとつです。

病院か薬局かの判断基準

病院に行くかドラッグストアで済ますかの判断材料は、症状の重さで判断することが多いです。例えば軽い鼻づまりや咳、微熱など風邪気味かな?と言うような軽めの状態のときはドラッグストアにて市販薬で済ませることも多いです。

これらの症状が重めに出るときは病院に行って医師の方に診察して頂く形にしています。

どちらにせよ早めに行くように心がけています。

薬局選びの基準

は対応の丁寧さと家や病院からの近さ、店内や外観の清潔感で決めています。どれだけ対応が丁寧でも遠くにあったり外観や内装がボロボロだとそのお店を使うことは無いと思います。

疑問

今まで比較したことはないのですが薬局によって処方する薬の価格が変わるのかという事は疑問に思っています。また、調剤薬局の求人はどのようになっているのかというのも疑問に思うことがあります。

確かに、働いている人は薬剤師であり、国家資格を持っているとは思うのですが、資格を持っているという理由だけで人材を採用しているのでしょうか?

調剤薬局やドラッグストアはサービス業だと思います。そこで提供されるサービスが良いものでなければ、やはり他の店舗に行きたくなるのは自然な考えだと思うのです。

色々書きましたが、やはり持病持ちの自分にとって薬局はありがたい存在で、あることは間違いないです。